J'sカフェ/懇話会

J'sカフェ

 日本都市計画家協会では、『J’Sカフェ』と名付けた毎月1回の定例交流パーティを実施しています。軽いアルコール等を飲みつつ、タイムリーかつホットな話題をテーマに、多様な分野の方々との会話・交流の場を提供します。まちづくり、都市&建築、環境、防災、産業振興、金融&経済、中心市街地や縮退、アート、サブカルチャー、福祉・・・などなど、毎回メインホストを中心として分野を横断して語り合い、ネットワークの輪を広げていく場としたいと思います。
 誰でも分野を問わず、年齢を問わず、もちろん学生さんも参加いただけます。

 原則として毎月第2金曜日の午後7時より2時間程度、JSURPのオフィスで開催します。
 会費は、ワンドリンク付で1,000円(学生はディスカウントあり)、追加のドリンクは既定の額で。

 

J'sカフェの活動はfacebookをご覧ください。

 

懇話会


【J‘sカフェ】「紛争地シリア の人道支援に学ぶ」のご案内

国連が海外の紛争地や洪水、地震などの自然災害国で、被災者への人道支援を行ってい

ることをご存じでしょうか?日本都市計画家協会でも震災復興タスクフォースにおいて、

まちづくりの視点から国内の被災地支援に取り組んでいますが、両者には非常に多くの

共通点がある事に驚かされます。

今回のJʼsカフェでは、今年3月まで国連職員として25年以上にわたり、シリアや南太

平洋ソロモン諸島など、世界各地での様々な形態の支援の最前線に立って来られた須崎

氏をお招きし、海外の被災地ではどんな支援が行われているのか?誰を支援するのか?

いつまで支援するのか?などについて、お話をいただき、課題の共有と意見交換を行い

たいと思います。 ふるってご参加下さい!
  講 師:須崎彰子氏(元国連職員)

  コーディネート:安藤裕之(Jsurp理事)
  日 時:2019年11月15日(金)19:00~21:00

  会 場:(認定NPO)日本都市計画家協会 会議室

      東京都千代田区神田小川町2丁目10番地 香取ビルアネックス2階

  参加費:JSURP会員・学生1,000円/非会員2,000円 (1ドリンク+フード付)

ダウンロード
J'sカフェフライヤー
j'sカフェ191115フライヤーv3.pdf
PDFファイル 1.1 MB

【J‘sカフェ】「東京裏山ベース」という舞台装置~手近な自然で遊ぶ拠点作りから始まるプロジェクト~のご案内

大変お待たせいたしました。久しぶりのj’sカフェを開催いたします!

2019年第一弾のゲストスピーカーは東京裏山ベースのジンケンさんこと、

神野 賢二さんです。美味しいフードもご用意いたしますので、ぜひ、お申し込み

ください。

 

■概要■

東京裏山ベースは2016年に武蔵五日市駅前にオープンしたアウトドアと地域観光の

拠点です。

代表のジンケンさんは移住後に出会った様々な仲間たちと協力しあい、東京裏山ベー

スを立ち上げました。クラウドファンディングでは目標金額の倍以上、235人もの支

援を受けてオープン。サイクリングやBBQ、リバートレッキングなど、魅力的なガ

イドツアーも企画しており、今や、多くの人が集う駅前の顔となっています。

 

今回のJsカフェは、そんな東京の裏山を知り尽くしたジンケンさんがゲストスピー

カーです。研究者としてのロジカルな思考とプレイヤーとして実践力で、趣味のマウ

ンテンバイクツアーや0から始めた店舗経営をわずか数年で成り立たせ、人を巻き込

みファンを広げていった取り組みは必見です!

外遊びの拠点とコミュニティ作りや都市との関係性の中で日本の田舎を輝かせるお話

など、余すところなくお話しいただきます。

 

■ゲストスピーカー:ジンケン(神野 賢二)さん

東京の裏山遊び発明家 外遊びと地域観光の拠点「東京裏山ベース」代表。秋川渓谷

・桧原村エコツアーガイド

■会 場:(認定NPO)日本都市計画家協会(JSURP)会議室

     千代田区神田小川町2丁目10番地 香取ビルアネックス2階

■日 時:2019年10月11日(金)19:00~

■参加費:エントランスフィー(ワンドリンク+フード付)

     JSURP会員・学生1,000円 / 非会員2,000

■申し込み方法:以下のいずれかで事前申し込みをお願いいたします。

 ➀ FBイベントページから申し込み

     https://www.facebook.com/events/2362165223902542/

 ② JSURP事務局に申し込み

     Tel : 03(6273)7491     E-mail : jimukyoku@jsurp.jp

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

以上

2019/02/01上映会「熊本地震からの復興」のご案内

記録映画「西原村」は、熊本地震からの復興2年間における自力再建の思い

や、村役場と地域住民との葛藤が丹念に映像化されています。

西原村役場のご厚意により、上映の機会を得ましたので、今後の復興支援を

考えたいと思います。

ご関心のある方は、事務局へお申込みください。会場の関係で先着25名と

させていただきます。

 

             記

1 日 時  : 平成3121日(金曜日)受付1800より

         上映18301955  20時より交流会

2 会 場  : 日本都市計画家協会会議室

         東京都千代田区神田小川町2丁目10番地 

香取ビルアネックス2

3 主 催  : 認定NPO日本都市計画家協会

4 協 力  : 熊本県西原村

5 上映寄付 : 1,500円 (交流会お茶代を含む)

     

申し込み先:日本都市計画家協会事務局

         Tel : 03(6273)7491   E-mail : jimukyoku@jsurp.jp

お問い合わせ:担当理事 江田隆三 eda@rpi-h.co.jp

 

 

以上

2018/07/13J’sカフェのご案内

神田藪蕎麦の代表取締役の堀田さまに、長年取り組まれてきた淡路町のまち

づくり・ワテラスのエリマネのお話をしていただきます。

四半世紀、淡路町のまちづくりに関わっている明治大学の山本教授に聞き役

になっていただき、トークショー形式でお二人のお話をお聞きします。

是非、みなさま、ご参加ください。

 

入場料 1,000

ドリンク3杯分チケット 1,000

フード無料

 

-----------------------------------------------------------------

(申込先 jimukyoku@jsurp.jp

7/13開催 Jsカフェ に参加します。

 

氏 名:

所 属:

連絡先:

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

以上

ダウンロード
jsカフェPRファイル20180713.pdf
PDFファイル 1.7 MB

2018/05/18JSカフェの案内

日建設計総合研究所の西尾氏に、松山市の事例をもとに、道路空間の利活用

についてお話をいただきます。

ご参加ください。

 

日時:平成30年5月18日(金) 19時~

会場:日本都市計画家協会

 

参加費:1000円

アルコール代:3杯1000円

ソフトドリンクフード無料

 

-----------------------------------------------------------------

【申込欄】(申込先 jimukyoku@jsurp.jp

 5/18開催 Jsカフェに参加します。

 

氏 名:

所 属:

連絡先:

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

以上

ダウンロード
jsカフェPRファイル20180518.pdf
PDFファイル 1.4 MB

2018/04/27J’sカフェのお知らせ

427日(金)にJsカフェを開催します。

㈱アバンアソシエイツの松下様に、shibuya1000の取り組みについてお話い

ただきます。

是非、ご参加ください。

 

日時:平成30427日(金) 19時~

会場:日本都市計画家協会

https://www.jsurp.jp/  

TEL03-6273-7491

 

エントランスフィー 1,000

アルコール3杯 1,000

フード無料(持ち込みも可)

プロデュース 内山征  

 

-----------------------------------------------------------------

【申込欄】(申込先 jimukyoku@jsurp.jp

 4/27開催 Jsカフェに参加します。

 

氏 名:

所 属:

連絡先:

 

-----------------------------------------------------------------

 

 

以上

ダウンロード
jsカフェPRファイル20180427.pdf
PDFファイル 1.7 MB

ワークショップ |(re)DISCOVER YOKOHAMA~ヨコハマ再発見 2/18イントロダクション2のご案内

全国まちづくり会議 in 横浜2017で開催された同ワークショップをシリーズ・イベントの通年開催としました。

最近見えにくくなっている「ヨコハマ」を独自の方法で再発見・再定義。映画・文学・アニメ・マンガなどで描かれた横浜独特の都市計画・風景・建築空間・風俗・人などを抽出の後、映像言語を含む独自の建築的手法により再構成・再構築し、横浜内外の参加者が表現し共に語り合う。横浜の都市イメージや未来を展望するユニークな試みです。

 イントロダクション2では、前回に引き続き横浜に関する作品(映画、アニメ、小説、マンガ、建築、都市計画など)を紹介しながら4月開講のワークショップを説明。皆さんと共に語り合う機会となります。

 学生、社会人、上記メディアに興味ある方、横浜に関心のある方ならどなたでもご参加可能です。

 

ワークショップ、および横浜に関する作品などの詳細情報:

http://cinematicarchitecturetokyo.com/ja/news/news_yokohama2018.html

 

日時:

2018

114日(日)イントロダクション1 14:0016:00(横浜を舞台にした作品紹介 その1

218日(日)イントロダクション2 14:0016:00(横浜を舞台にした作品紹介 その2)

24日(日)から変更になりました。

318日(日)イントロダクション3 14:0016:00(横浜を舞台にした作品紹介 その3

422日(日)セッション1 14:0016:00(ヨコハマMEDIA MAP を作ろう その1ほか)

*以降ほぼ月1回開催します。(スケジュールは上記ウエブサイト上で順次お知らせします)

*説明は日本語で行いますが、English speakerの方のご参加も歓迎します。

English speakers are welcomed. Please have a look at our English site.

*どのセッションからでもご参加可能です。

* 説明は日本語で行いますが、English speakerの方のご参加も歓迎し

ます。

English speakers are welcomed. Please have a look at our English site.

 

会場(イントロダクション1~2): 

横浜市中村地区センター

横浜市南区中村町4-270

  京浜急行線「黄金町」下車徒歩15/

  横浜市営地下鉄「阪東橋駅」徒歩10分 

会場(イントロダクション3/セッション1):

横浜市開港記念会館

横浜市中区本町1丁目6番地 

JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)/

市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)/

みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)

 

参加費:

イントロダクション(一般含む全ての方)無料

セッション(一般)1000円、(学生、フリー、および未就業者の方)500

 

参加者対象:

大学生、社会人、フリー、未就業の方で、ご興味のある方

横浜市内外、神奈川県内外の方

幅広い世代の方のご参加を歓迎します

 

参加方法:

氏名、所属、連絡先を記入のうえ、事前にメールにてご予約下さい。

*ボランティア・スタッフ募集中

CATの手法や魅力に企画段階より接していただけます)

 

主催:

シネマティック・アーキテクチャ東京(CAT

http://cinematicarchitecturetokyo.com

 

 

以上

2018/02/09J’sカフェのご案内

アーティスト、クリエイターによるオープンスタジオと道路空間を活用し

たクリエイティブイベント 今年で9回目!

横浜市が進めるアーティスト・クリエイターの創造性を活かしたまちづく

りについてもお話しいただきます。

 

日時:平成30年2月9日(金) 19時~

場所:日本都市計画家協会

スピーカー : 安藤 準也さん 横浜市文化観光局

       杉崎 栄介さん 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

 

エントランスフィー 千円  ドリンク3杯 千円  

ソフトドリンク・フード無料

 

ご参加いただける際には、予めご連絡ください!

申し込み先:jimukyoku@jsurp.jp

 

 

以上

ワークショップ |(re)DISCOVER YOKOHAMA~ヨコハマ再発見 シーズン2のご案内

全国まちづくり会議 in 横浜2017で開催された同ワークショップをシリ

ーズ・イベントの通年開催としました。

最近見えにくくなっている「ヨコハマ」を独自の方法で再発見・再定義。

映画・文学・アニメ・マンガなどで描かれた横浜独特の都市計画・風景・

建築空間・風俗・人などを抽出の後、映像言語を含む独自の建築的手法に

より再構成・再構築し、横浜内外の参加者が表現し共に語り合う。横浜の

都市イメージや未来を展望するユニークな試みです。

 学生、社会人、上記メディアに興味ある方、横浜に関心のある方ならど

なたでもご参加可能です。ご参加にあたり、クリエイティブ・スキルの有

無や経験は問いません。

 

ワークショップ、および横浜に関する作品などの詳細情報:

http://cinematicarchitecturetokyo.com/ja/news/news_yokohama2018.html

 

日時:

2018

114日(日)イントロダクション 14:0016:00(横浜に関する作品紹介とワークショップ概要説明)

24日(日)セッション1 14:0016:00(ワークショプ)

3月以降もほぼ月1回開催予定です。(スケジュールはウエブサイト上でお知らせします)

*どのセッションからでもご参加可能です。

* 説明は日本語で行いますが、English speakerの方のご参加も歓迎します。

English speakers are welcomed. Please have a look at our English site.

 

会場(イントロダクション): 

横浜市中村地区センター

横浜市南区中村町4-270

  京浜急行線「黄金町」下車徒歩15/ 横浜市営地下鉄「阪東橋駅」徒歩10分 ほか

(交通・アクセス)

会場(セッション1):

横浜市開港記念会館1F 4号室

横浜市中区本町1丁目6番地 

JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)/市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)/みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)

(交通・アクセス)

 

参加費:

イントロダクション(一般含む全ての方)無料

 

セッション1(一般)1000円、(リピーター、学生、フリー、および未就業者の方)500

 

参加者対象:

大学生、社会人、フリー、未就業の方で、ご興味のある方

横浜市内外、神奈川県内外の方

幅広い世代の方のご参加を歓迎します

 

参加方法:

氏名、所属、連絡先を記入のうえ、事前にメールにてご予約下さい。

*ボランティア・スタッフ募集中

CATの手法や魅力に企画段階より接していただけます)

 

主催:

シネマティック・アーキテクチャ東京(CAT

http://cinematicarchitecturetokyo.com

 

 

以上

2017/11/12ワークショップ|建築の錬金術 シーズン3【PROCESS_08】のご案内

建築、映画、文学、アートの手法を融合させ、都市の物語を紡ぎだすワー

クショップのシーズン3。今回は、待ち歩きツアーがメインです。様々な

歴史や文化の交錯する文京区本郷菊坂の今・リアルをのぞいてみましょう。

 

日時:

PROCESS 081112日(日)13:00(集合)

* 中沢新一著『アースダイバー』本郷の章を参照しながら本郷菊坂のまち

歩きツアー(地元在住の方のトーク含む)の後、ワークショップ会場に移

動します。16:00終了予定です。(雨天でも開催)

トーク:

大道七海男さん(生まれも育ちも本郷。70年以上もまちの移り変わりを目

撃してきたプロダクト・デザイナー)

*シーズン3PROCESS 09】は1223日(土・祝)開催。

 

ワークショップ会場:

日本都市計画家協会事務所内 JSURPプレイス

千代田区神田小川町2丁目10番地 香取ビルアネックス2

電話(当日のみ)03-6273-7491

 

参加費:

(一般)1000

(学生、フリー、リピーター、および未就業者の方)500

 

参加方法:

氏名、所属、連絡先を記入のうえ、事前にメールにて下記アドレスまでご

予約下さい。集合場所をお知らせします。

info@cinematicarchitecturetokyo.com

 

主催:

シネマティック・アーキテクチャ東京(CAT

http://cinematicarchitecturetokyo.com

 

協力:

NPO法人 日本都市計画家協会

 

[ワークショップ:建築の錬金術について]

2015年より開講した建築、映画、文学、アートの手法を融合させ、都市の

物語を紡ぎだすワークショップのシーズン3です。これらの分野にご興味

のある方なら、年齢国籍問わず、どなたでも参加可能。専門知識や 建築

や映像含むクリエイティブ・スキルは全く不要です。

引き続き対象地は文京区の本郷菊坂。忘れ去られたような独特の街並風景

と文学、歴史や地形学的な特徴、それに変わりゆく都市の問題を考えます。

シーズン3のテーマは、「編集(すること)」。都市の客観的な情報に加え、

写真、ビデオ、音、連想、記憶など主観的・感覚的な素材を集め、推敲、

処理し、表現し、”建築的に”まとめあげるプロセスをシーズン通じ探求

します。想像力を働かせ、自己の再発見や、これまでとは異なる都市への

視点を見出すことのできるユニークなプログラムで、異分野の人々が関わっ

ていることも楽しみの一つです。

 

[菊坂について]

東京都文京区本郷三丁目を不忍通りから北東へ下り、言問通りへ至る600m

の通り。東京大学が近くにあることから、多くの文人(谷崎潤一郎、正岡

子規、宮沢賢治、樋口一葉)が暮し創作し(「注文の多い料理店」)、作品

に描かれた(「三四郎」、「それから」など)。また建築家・磯崎新も居を構

えていた。同地は映画の舞台(溝口健二監督「折鶴お千」(1935)、成瀬巳

喜男監督「晩菊」(1954)、森田芳光監督「それから」(1985))にもなって

いる。

その特異な地形や歴史、界隈の趣を、中沢新一(「アースダイバー」)や司

馬遼太郎(「街道を行く」)も書き記している。

江戸時代から谷底のようなその地には多く金魚屋が店を開き(現存するの

は1軒のみ)、小さな木陰や盆栽が常に人々と共にあった。東京の中心部

に位置しながら今でも残る木造住宅郡に、この街を訪れる人たちは驚くこ

とだろう。ただし、近年、この地も都市開発の波にのまれ、これら貴重な

建造物は次々取り壊され、記憶をどう残すかが課題となっている。

 

[ワークショップ | 建築の錬金術 シーズン3 について]

「錬金術」とは、都市がまだ無限に広がり謎めいていたころ、建築家や都

市計画家たちが描いた理想や可能性が確かにあり、彼らは都市の錬金術師

的な役割を担っていた。そこから学ぶことで、新たな理想が見えて来ない

だろうか、ということ、また、ワークショップで採用する手法の、あるメ

ディアを異なるものに「変換すること」に由来しています。

 (都市計画を含む)建築と映画という異分野をクロスさせ、新たな表現

方法を見出し都市に還元する実験的試みです。シーズン1および2がご好

評につき、現在、シーズン3まで継続しています。

 

 

以上