第136回 街なか研究会のご案内

 「神戸駒ヶ林の近隣住環境計画(路地を生かしたまちづくり)」

      講師:松原永季氏(スタジオカタリスト)

        必ず、参加申し込みが必要です

  参加申込みの締切りが変更になりました!11/13 1200

 

 

 

 ■テーマ:第136回 街なか研究会

     「神戸駒ヶ林の近隣住環境計画(路地を生かしたまちづくり)」

      UR都市機構「UR街みちネット」さんとの合同企画

■日 時:平成31年11月26日(火) 16001730

     (1555までに会場受付にお越しください。時間厳守。)

■講 師:松原永季氏(スタジオカタリスト)

■会 場:UR都市機構 東日本都市再生本部 1531会議室

            新宿アイランドタワー15

      東京都新宿区西新宿6-5-1/電話 03-5323-0787

      東日本都市再生本部密集市街地整備部(担当:前中)

    https://www.ur-net.go.jp/toshisaisei/office/index.html

■参加費:1,000円(懇親会費別途)

■申込み締切り:11月13日(水)1200(正午)までにお申し込みください

     ※UR会議室を利用するため、参加申込みが必要です。

■懇親会:UR街みちネットさんと合同で懇親会を開催します。

     会場・費用は未定です。現在企画中です。

 

 神戸長田区駒ヶ林地区で進められている「近隣住環境計画」は、路地を生かし

たまちづくりと言われています。

 

 駒ヶ林地区に、当初から入り、まちづくり協議会を支援して様々な活動を支え

てきた松原さんにお話を聞きます。 全国路地のまち連絡協議会の会員の方は既

にお聞きしている内容も多いかとは思いますが、既に多くの時間が経過しており、

その後の経過も合わせてうかがいます。

 

 駒ヶ林地区は、奈良・平安時代から大輪田泊の舟繋所であった古い漁村集落で

した。現在は住宅を中心に魚の加工所やいろんな工場が入り交じる住商工の混在

したエリアとなっています。

 古い街ですからお地蔵さんや公民館といった古い景観資源があるものの、まと

まりを見せてよい雰囲気を持っているというわけではなく、ぽつぽつ残っている

程度という感じです。一言で言えば、漁村集落の路地構成を残した高齢化の進む

木造密集地域です。

 狭小敷地や未接道敷地が多く、建替え更新に課題があり、地区内にいくつも空

地が残されています。

 

 近隣住環境計画は、この計画を「神戸市民の住環境を守り育てる条例」で詳し

く定めて、建築基準法第43条但し書き(基準法改正により第43条第2項)審査

による緩和を明確に位置付けるものです。これにより、路地の中での建物の建替

えを促進して、まちの安全性を高めようとしています。

 

 今回、あらためて駒ヶ林地区におけるまちづくりの経緯と、近隣住環境計画の

目的と効果、導入後の経過についてお話しいただき、その後参加者との意見交換

を行います。また、終了後には,懇親会も予定しております。

 

 今回は、都市再生機構交流・研究会の「UR街みちネット」さんと合同で開催

し、会場も都市再生機構さんの会議室を使用します。参加される場合は、セキュ

リティの問題から必ず参加申し込みをいただき、時間厳守でお願いします。

1555までに会場受付にお越しください。

 

 皆さんふるってご参加ください。

 

(幹事:木村晃郁)

 

イベントホームページ

 http://machi-roji.com/machinaka/event/2019/20191126komagabayashi/20191126komagabayashi.html

 

街なか研究会ホームページ

 http://machi-roji.com/machinaka/toppage.html

 

-----------------------------------------------------------------

(申込先 jimukyoku@jsurp.jp

11/26開催 街なか研究会  

「神戸駒ヶ林の近隣住環境計画(路地を生かしたまちづくり)」

 講演会・懇親会 に参加します。(参加するものを残してください)

 ※懇親会のみの参加はできません

 

氏 名:

所 属:

連絡先:

携 帯:

コメント:

-----------------------------------------------------------------

 

以上