2018/10/28ワークショップ |ヨコハマ再発見 シーズン2 セッション7 参加者募集のご案内

横浜を描いたメディア(映画・文学・アニメなど)とリアルを比較し、都市

・ヨコハマの再解釈や未来像を展望し、ビジュアル的に表現するワークショ

ップ 

表現には、都市計画、建築、アート、表象文化論の手法や考え方も加えたユ

ニークな試みです 

上記メディアや横浜に興味ある方ならば学生、社会人、どなたでも年齢、専

門知識や経験の有無は問いません 

表現経験のない方でもスタッフがサポートしますのでこの機会に是非トライ

を共にヨコハマについて考えてみませんか 

 

日時:

1028日(日)14:0016:00

会場:

大倉山記念館(横浜市港北区大倉山2-10-1

 

*月1回開催しています (以降1125日(日)、129日(日))

*説明は日本語で行いますが、English speakerの方のご参加も歓迎します 

 

参加費(資料代含む):

(一般)1000円、(リピーター、学生、フリー、および未就業者の方)500

 

参加者対象:

大学生、社会人、フリー、未就業の方で、ご興味のある方

横浜市内外、神奈川県内外の方

幅広い世代の方のご参加を歓迎します

 

参加方法:

氏名、所属、連絡先を記入のうえ、メールにて

info@cinematicarchitecturetokyo.comまでご予約下さい 

*ボランティア・スタッフ募集中

CATの手法に企画段階より接していただき理解を深めることができます)

 

詳細情報:

http://cinematicarchitecturetokyo.com/ja/news/news_yokohama2018.html

 

主催:

シネマティック・アーキテクチャ東京(CAT

http://cinematicarchitecturetokyo.com

 

後援:

横浜市芸術文化振興財団

 

協力:

NPO法人 日本都市計画家協会

 

 

以上