ワークショップ |(re)DISCOVER YOKOHAMA〜ヨコハマ再発見 シーズン2  参加者募集のご案内

横浜を舞台にした映画・アニメ・小説・マンガなどのメディア作品とリアル

の比較を通じ都市・ヨコハマを考える表象文化論、建築、都市論にアートの

手法を融合した試みです。

MAP作りや簡単な表現から、横浜の失われたもの、大切なものや重要性、そ

して未来像を見出し”都市・ヨコハマを再発見する”というアプローチです。

(表現はスタッフがサポートしますのでクリエイティブ・スキルは不要です)

会期は、およそ1年(月1回)に亘り、その後、成果発表イベントも予定し

ています。

普段とは少し異なる視点で都市を見たり、表現を試してみたい方、ヨコハマ

や上記メディアや手法にご興味ある方は、楽しくクリエイティブな機会です

ので気軽においで下さい。

なお、

本ワークショップは、全国まちづくり会議2017in横浜(会場:横浜市立大学)

で開催された同名ワークショプのスピンオフ企画となります。

(ご友人や教え子の方への)ご紹介も歓迎いたします。どうぞよろしくお願

い致します。

 

スケジュール:

422日(日)セッション1 14:0016:00

(ヨコハマMAP を作ろう その1ほか)会場A

527日(日)セッション2 12:3014:30

(ヨコハマMAP を作ろう その2ほか)会場B

617日(日)セッション3 13:0017:00

B級ヨコハマツアー+ヨコハマMAP を作ろう ほか)会場未定

 

*以降、12月まで毎月1回のセッションを開催します。

*今後、横浜市内の異なる場所(都筑区、鶴見区など)でのワークショップ

開催を予定しています。

*各回セッション前後に有志で市内各所を散策したり食べ歩くオプショナル

ツアーもあります。ご参加希望者には詳細をお知らせします。

 

会場:

A.横浜市開港記念会館(横浜市中区本町1-6)

B.横浜市野毛地区センター(横浜市中区野毛町3-160-4

 

参加費:

(一般)1000円、

(学生、フリーター、および未就業者の方)500

(資料代含む)

参加方法:

事前予約制/氏名、所属、連絡先を記入のうえ、事前にメールにて下記アド

レスまでご予約下さい。

info@cinematicarchitecturetokyo.com

 

後援:

横浜市芸術文化振興財団

協力:

日本都市計画家協会

企画・主催:

シネマティック・アーキテクチャ東京

 

詳細情報:

http://cinematicarchitecturetokyo.com/ja/news/news_yokohama2018.html

 

スタッフ:

緒方恵一

 英国AAスクール・ディプロマコース(優等学位)修了。

 建築家、プランナー、映像作家。

米原昌郎

 京都市立芸術大学修士課程修了。彫刻家。造園家。

柳原博史

 英国AAスクール・マスターコース修了。ランドスケープアーキテクト。

 建築家。

 

 

以上